段落


段落とは、長い文章の中の一つの主題をもってまとまった部分のことをいいます。逆に言うと一つの段落のなかに二つの主題を入れては読み手が混乱するということになります。
また、段落は一つのまとまりなので、デザイン面においても段落であることを明快にする必要があります。

sample_501

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

一つの段落が長く、文章が読みにくい。

sample_502

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。
レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

段落を分けることで読みやすくはなったが、段落と段落の間隔が狭い。

sample_503

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。

レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

段落の間隔を適切に開けることでより読みやすくなった。

解説

段落を考える上ではまず「文章の構成」が重要になってきます。文章のまとまりが悪ければどんなにデザインを考慮しても読みやすくはなりません。とはいっても、ここで文章のことはできないのでデザイン的な部分だけを取り上げます。

段落と段落の間隔については、使用しているフォントサイズの50%~100%(0.5行~1行)程度空けるのが一般的です(もちろん好みもありので絶対ではありません)。

CSSでの設定方法
段落の間隔はフォントサイズに依存するため、指定は相対指定にしたほうが無難です。

著者の場合は「margin-bottom」プロパティに「0.5em」「1em」と相対指定を使って指定します。

<裏技?>
「margin」プロパティは次のように書くと「上、右、下、左」の順に指定できるので、CSSを短縮するのにお勧めです。「margin: 0 0 1em 0;」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>