コントラスト


コントラストとは、一般的にはある注目物体とそれ以外の背景とが区別できるような視覚的な特徴の差のことをいいます。Webサイトのデザインの場合は「背景色と文字の色の差」と言い換えることができます。
コントラストが悪いと、可読性が低下し読みにくくなってしまいます。

sample_601

明るい背景(この場合は白)に明るい色(黄色)を組み合わせと画面が明るく感じてしまい文字が読めなくなります。

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。

レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

文字が明るく感じてしまい、読めない。

sample_602

背景が明るい場合は文字色の彩度を下げてコントラストを出すと読みやすくなります。

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。

レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

コントラストが出て読みやすくなった。

sample_603

逆に背景が暗い色の場合、文字色も暗くしてしまうと読みにくくなります。

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。

レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

文字色が暗くて読めない。

sample_604

背景が暗い色の場合、文字色は明るく色にする必要があります。

濃いレビューを書くコツは、人それぞれが持っている個性を生かし、自分にしか書けないレビューを意識することにある。個性を知るためには「自分の特長」をいかに理解するかにかかっているので、自分を見つめ直すことも大切な作業になる。

レビューを読んでもらうためには、文章がとても重要になってくるが、同じ文章でも読みやすいレイアウトで書かなければいけない。Webサイトのレイアウトを調整するためには、HTMLやCSSといった簡単なプログラム言語を知らなくてはいけないため、ハードルは高い

文字色が明るく読みやすい。

解説

コントラストを詳しくやっていくためには、色彩の知識が必要になってくると思われがちですが、知識がなくても素直に見て違和感がない組み合わせはわかると思います。上記例のsample_601の組み合わせを実際に使う人はいないですよね。

注意しなくてはいけないのは、WebサイトはCSSで文字や背景の色を指定しますが、設計をしっかりと行わないと予想していない所で色指定が反映されてしまい、可読性が下がることがあります。

<例えば…>
本文は背景が白、文字色が黒にしていて、サイドバーは色を入れ替えているようなデザインだと、CSSの指定を間違えると「背景白、文字色も白」ということがありえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>