図表


章だけでは、表現しきれないことはどうしても出てきてしまいます、そんな時に有効な表現の方法が「図」「表」になります。
図を書いたり、表組を作ることは手間ではありますが、文章を工夫するよりも効果は絶大ですから、使えるようになっておくと便利です。

sample_701

レビューに必要なものを図解するとこうなります。

情報がしっかりと整理されている印象を与えます。

sample_702

図解のパターンはいくつもありますが、次のようなパターンはよく使われます。

sample_703

テーブルもCSSを使うとスッキリと作ることができます。
ソースはサイドバーを見てください。

名称 性別 年齢層
C1 4~12歳の子供
C2 13~19歳の子供
F1 女性 20~34歳
F2 女性 35~49歳
F3 女性 50歳以上
M1 男性 20~34歳
M2 男性 35~49歳
M3 男性 50歳以上

解説

図のポイントは「情報の整理」、図解にしろ箇条書きにするにしろ情報が整理されていないと折角作ったとしても伝わらないものになってしまいます。

作成には専用のアプリケーションが必要になるため、若干ハードルが高いのが問題になると思いますが、効果は大きいのでチャレンジする価値はあると思います。

表に関しては、HTMLとCSSの知識があれば簡単に作れるものなので、比較的入りやすいと思います。ただ、あまり複雑な表になると作るのが大変になりますから、表もやはり「情報の整理」が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>