WP No Category Base


WordPressでは、パーマリンクの設定次第ではURLが「http://ike-curry.mapmap.biz/category/curry/gogocurry.php」のように、カテゴリー名の前に「category」が挿入されることがあります。

この「category」を削除して「http://ike-curry.mapmap.biz/curry/gogocurry.php」のようにすっきりとしたURLがに変更してくれるプラグインがWP No Category Baseです。

このサイトを更新する前までのサイト制作では、WP No Category Baseを使わないと「category」が削除されなかったのですが、東池袋カレーマップの場合はこのプラグインを使わなくても理想型のURLになっていたんですよね。。。。

じゃあ、ここに掲載するなよ、、
という話になるかもしれませんが、パーマリンクの設定は人それぞれ好みがあるので、設定によっては「category」がでることもあるので、念のためプラグインの紹介だけしておこうと思います。

ただし、(実際にはインストールしていないため)詳細のスクリーンショットは割愛します。

WP No Category Baseのインストール

1、WordPressのダッシュボードにログインし[プラグイン]→[新規追加]をクリック
2、検索窓に「WP No Category Base」を入力して[プラグインの検索]をクリック
3、WP No Category Baseの下にある[いますぐインストール]をクリック
4、「本当にこのプラグンをインストールしていいですか?」と聞かれるので[OK]をクリック
5、インストールしているプラグイン: WP No Category Base 1.0と表示されるので、[プラグンを有効化]をクリック(バージョンは変更になる可能があります)
6、プラグンのラインナップにCustom Field Templateが表示されていればインストール完了です

WP No Category Baseは特に設定を行わなくでも有効になった時点で自動的に「category」を削除してくれます。

<参考>
東池袋カレーマップで使用しているWordPressのバージョンとパーマリンクの設定は次の通りです。

WordPressバージョン:バージョン3.3
パーマリンク設定  :/%category%/%postname%.php

コメントは停止中です。