Google XML Sitemap Generator


Google XML Sitemap GeneratorはGoogleなどの検索ロボット(Googleなどの検索エンジンがサイトを探す時に使うプログラム)向けのXMLサイトマップを生成してくれるプラグインです。

XMLサイトマップを生成しておくと、検索ロボットにクロールされたときにサイト全体の構造を正確に伝えられるほか、Googleのウエブマスターツールなどにサイトマップを登録することもできます。

Google XML Sitemap Generator設定 目次

Google XML Sitemap Generatorのインストール

1、WordPressのダッシュボードにログインし[プラグイン]→[新規追加]をクリック

2、検索窓に「Google XML Sitemap Generator」を入力して[プラグインの検索]をクリック

3、Google XML Sitemap Generatorの下にある[いますぐインストール]をクリック

4、「本当にこのプラグンをインストールしていいですか?」と聞かれるので[OK]をクリック

5、インストールしているプラグイン: Google XML Sitemap Generator 3.2.6と表示されるので、[プラグンを有効化]をクリック(バージョンは変更になる可能があります)

6、プラグンのラインナップにGoogle XML Sitemap Generatorが表示されていればインストール完了です

↑Google XML Sitemap Generator設定 目次へ

Google XML Sitemap Generatorの設定

1、メニューの[設定]→[XML Sitemap]をクリック

2、The sitemap wasn’t generated yet.と表示されているので、[こちらをクリック]をクリック

これだけでサイトマップが構築されます。

<詳細設定>
Google XML Sitemap Generatorサイトマップは標準のままでもほとんど問題ありませんが、かなり細かく詳細設定が行えるので、必要に応じて変更してください。

↑Google XML Sitemap Generator設定 目次へ

Google ウェブマスター ツールに登録

XMLサイトマップを構築した時点で、Google、Bing、Ask.comへ更新の通知を行なうようにしてくれますが、より積極的に通知を行なうためにGoogle ウェブマスター ツールに登録するようにします。
(必須作業ではないためスクリーンショットなしです)

Bingも登録を受付けていますがシェアはGoogleが圧倒的なので、Google一本で十分だと思います。

<ウェブマスターツールに行く前に>
XML Sitemap Generatorの管理ページの「サイトマップの場所」に検出されたURLとしてサイトマップのURLが表示されていますので、それをコピペしておいてください。

1、Google 動きとはウェブマスターツールのページアクセス&ログイン
  URL:http://www.google.co.jp/webmasters/

Googleのアカウントを持っていない場合は、別途登録する必要があります。

2、ホームにある[サイトを追加]をクリック

3、管理するサイトのURLを入力

4、所有権の確認
  →サイトを運営しているかの確認になるため、支持通りに設定を行います。

5、ダッシュボードに移動するので、[サイトマップの送信]をクリック

6、Google XML Sitemap Generatorで作成したサイトマップのURLを入力して、サイトマップを送信

以上で設定完了です。

サイトマップの送信からインデックスまでは少し時間がかかります。

<余談>
ウェブマスターツールでは、サイトマップの送信の他にもGoogleにどのようにインデックスされているか、アクセス数の大きキーワードなどのクロールの統計情報も見ることができます。

↑Google XML Sitemap Generator設定 目次へ

Google XML Sitemap Generator への2件のフィードバック

  1. ranringorira のコメント:

    大変参考になりました。ありがとうございました。

  2. ピンバック: WordPressのプラグイン【Google XML Sitemaps】で参考になったサイトまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>